【屋根の種類・形状・材料(屋根材)別】 雨漏りに対する耐久性やメンテナンス・リフォーム時期 防水工事専門業者(株)山田技研

屋根と外壁の雨漏り修理・千葉県袖ケ浦市の防水工事専門業者(株)山田技研のイメージ画像です 戸建住宅の防水工事のお見積・無料出張点検・お問合せへ 屋根と外壁のリフォーム・雨漏り修理・防水工事なら、お気軽にお電話ください。☆スマホは1クリックでOK!
千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお問合せ

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお見積依頼

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研への無料出張点検依頼

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお電話

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研 工事完了までの流れ

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研 Q&A集

屋根・外壁の雨漏り修理料金を40%安く!(株)山田技研 Top >> 屋根の種類・形状・材料(屋根材)別 雨漏り・防水対策

屋根の種類や形によって、雨漏り修理や防水のコスト・価格や雨仕舞はどう違うのでしょうか。
屋根の形状の違いで、陸屋根(りくやね)、片流れ屋根(かたながれやね)、寄棟屋根(よせむねやね)、切妻(きりづま)屋根を、
屋根の材料の違いで、ガルバリュウム金属屋根、カラーベスト瓦(コロニアル)、折版屋根、ウレタンの防水をご紹介します。
もっと詳しくという方はお問合せ下さい。無料お見積無料出張点検もお気軽にご利用ください。

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお電話

屋根の形状① 陸屋根(りくやね)の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

最近は木造住宅でも採用されていますが、多くはコンクリートの建物に採用されます。

雨仕舞は屋根、ベランダ等に防水工事が必要です。雨水は周囲壁に囲まれた屋上に降りますのでドレン(排水口)が詰まるとプールになってしまいます。

ドレン排水管のメンテナンスは重要です。

陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴



屋根の形状② 片流れ屋根(かたながれやね)の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

シンプルな形状の屋根で意匠性にすぐれれいます。モダンなイメージの設計に多く用いられます。

雨仕舞が良く、メンテナンスがしやすい形状ですが、建物の形状や大きさにより、水上の屋根高が大きくなる特徴があります。

メンテナンス上の留意点は方勾配ですので、水下の樋に雨水が集中します。これの詰まりなどの点検が必要です。



屋根の形状③ 寄棟屋根(よせむねやね)の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

この屋根形状も、和風・洋風どちらもOKですので、多くの住宅に採用されてます。

その構造上、棟木が四方に巡らされ、頑丈なのも利点です。台風などの風圧にたいして最も強いと言われています。

メンテナンスでは屋根の山折りの部分の棟包が強風などで破損することが多いので点検が必要です。



屋根と外壁のリフォーム・雨漏り修理・防水工事なら、お気軽にお電話ください。☆スマホは1クリックでOK!

防水工事専門業者 (株)山田技研 TEL: 0438-75-6363

| eメールでのお問合せ | お見積・セカンドオピニオン | 無料点検 |

屋根の形状④ 切妻(きりづま)屋根の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

切妻屋根は家の側面に屋根勾配がない形式で、和風、洋風どちらのデザインにも用いられる屋根形状です。

コスト面では屋根面積が少なく合理的です。形状がシンプルで雨仕舞が良く多くの住宅に採用されています。

メンテナンスでの留意点は、切妻側の破風板の劣化が比較的早く、定期的な塗装等を心がける必要があると思います。



屋根の材料⑤ ガルバリュウム金属屋根の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

亜鉛合金メッキを施した金属屋根材です。耐久性にすぐれていて、比較的軽量で、外壁などにも使用されます。

塗装などのメンテナンスは特になく耐久性も優れています。

しかし一度雨漏りをすると修繕の方法がないのが欠点です。



屋根の材料⑥ カラーベスト瓦(コロニアル)の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

セメント系の生成瓦です。軽量で伸縮が少なく、含水率の少ない不燃性の屋根材です。

5年に一度は塗装をしたいのもです。長年放置しますと、コケや藻が繁殖します。そのようになると、水分が冬季に凍結と溶解を繰り返し、やがて瓦自体にひび割れが生じます。

また、棟包などの金属部品は取り付けの釘が緩み、強風で剥がされることがしばしばあります。日頃の点検と、定期的な塗装が必要です。



屋根と外壁のリフォーム・雨漏り修理・防水工事なら、お気軽にお電話ください。☆スマホは1クリックでOK!

防水工事専門業者 (株)山田技研 TEL: 0438-75-6363

| eメールでのお問合せ | お見積・セカンドオピニオン | 無料点検 |

屋根の材料⑦ 折版屋根・折半屋根の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

代表的な金属屋根です。大面積や長尺(スパンの長い母屋間)に用います。

金属製なので大敵は錆です。屋根全体は5年から7年で塗装を必要とします。赤く錆を出してからは塗装工事も高くなります。

また、取り付け用のボルトの錆からの漏水のケースが大変多くあります。完全に錆びる前にボルトキャップを施すことをお勧めします。



屋根の材料⑧ ウレタン防水の特徴


陸屋根の雨漏り・防水対策の特徴

陸屋根やベランダ等水平に近い勾配の屋根に使用します。

継ぎ目がなく(メンブレン)で信頼性の高い屋根用防水材料です。

メンテナンスは5年ごとにトップコートを塗り替えます。



屋根と外壁のリフォーム・雨漏り修理・防水工事なら、お気軽にお電話ください。☆スマホは1クリックでOK!

防水工事専門業者 (株)山田技研 TEL: 0438-75-6363

| eメールでのお問合せ | お見積・セカンドオピニオン | 無料点検 |