屋根修理・外壁リフォームの症状・工法・価格・お見積に関する質問Q&A 千葉の雨漏り・防水工事専門業者 (株)山田技研

屋根と外壁の雨漏り修理・千葉県袖ケ浦市の防水工事専門業者(株)山田技研のイメージ画像です 戸建住宅の防水工事のお見積・無料出張点検・お問合せへ 屋根と外壁のリフォーム・雨漏り修理・防水工事なら、お気軽にお電話ください。☆スマホは1クリックでOK!
千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお問合せ

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお見積依頼

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研への無料出張点検依頼

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研へのお電話

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研 工事完了までの流れ

千葉で外壁のリフォーム・雨漏り修理は、防水工事専門業者(株)山田技研(株)山田技研 Q&A集

(株)山田技研 Top >> 雨漏り・防水工事価格のお悩み解決Q&A >> 屋上の防水改修工事/塩ビシート防水

[雨漏り修理&防水工事] 工法や材料に関するご質問



屋上の防水改修工事/塩ビシート防水

Question 自宅の屋上の防水改修工事を壁全体の塗装工事と同時にやった方がよいということで、見積もりをしてもらいました。屋上はゴムシート防水というもので、ところどころ合わせ目が剥がれて捲れ上がっています。見積もりではこの上にエンビシート防水を重ねて貼るそうですが、大丈夫でしょうか。保証は10年と言っています。

Answer 改修工事の塩ビシート防水は「絶縁工法」だと思われます。

絶縁工法は下地にすべて密着させるのではなく、等間隔で下地とアンカーで固定する工法です。この利点は既存の防水層を撤去せずに工事ができます。したがって、撤去費用、処分費用などが節約できます。ただし、アンカー固定できるだけの強度が建物の下地になければならないので、事前の現場調査が必要です。現在はシートによる改修工法としては主流になっています。

屋根と外壁のリフォーム・雨漏り修理・防水工事なら、お気軽にお電話ください。☆スマホは1クリックでOK!

防水工事専門業者 (株)山田技研 TEL: 0438-75-6363

| eメールでのお問合せ | お見積・セカンドオピニオン | 無料点検 |

 | Q&Aトップに戻る | もっと詳しく知りたい・お問合せする | 無料お見積 | 無料出張点検 |